石炭産業の歴史 声の博物館 近代化遺産 大牟田の見どころ
石炭館からのお知らせ イベントガイド ご利用案内 交通アクセス 館内案内 リンク集 ご意見・ご感想 アンケート 来館者のこえ よくあるご質問  
近代日本の発展をエネルギー面から
支えた石炭。
大牟田市は、かつてわが国最大の
炭鉱のまち。
ここから石炭の歴史に出会う旅が
はじまります。
大牟田市
石炭産業科学館
(略称:石炭館)
〒836-0037
福岡県大牟田市
岬町6-23
TEL 0944-53-2377
FAX 0944-53-2340
【☆New!】石炭館名誉館長連続講座「黒ダイヤ・石炭の開発と利用、そして未来」開催

石炭のスペシャリストによる連続講座 開催。

石炭館名誉館長 松井紀久男(九州大学名誉教授)による連続講座を開催します。

今年度のテーマは「黒ダイヤ・石炭の開発と利用、そして未来」(全5回)。
石炭産業と炭鉱のまちの歴史や環境との関わり、そして現在の石炭の開発と利用について、技術的な事柄や社会情勢を含めた内容の講座を行います。
100年を越える三池炭鉱の歴史の中で培われた採炭技術と坑内保安技術が、いまもなお海外で活かされ続けていることは、かつて炭鉱のまちとして栄えた大牟田の誇りであると感じていただけたらと思います。

 ~平成30年度大牟田石炭産業科学館名誉館長講座の日程~

◎平成30年

7月28日(土):第1回 黒ダイヤ・石炭とは? ※終了しました

9月29日(土):第2回 筑豊炭鉱栄枯盛衰物語 ※終了しました

11月24日(土):第3回 巨大プラント・海底炭鉱 ※終了しました
三池、池島などの国内炭鉱の他、カナダ、中国など海外の炭鉱にもふれて話を進めていきます。

◎平成31年

2月2日(土):第4回 採炭技術と坑内保安技術の発達※終了しました
採炭技術と坑内保安技術と言う、日本最大の炭鉱であった三池炭鉱の心臓部に迫ります。
※第4回のみ、開催場所は「えるる 3階 音楽室」です。
【大牟田市市民活動等多目的交流施設えるる】 HPはこちら

3月23日(土):第5回 石炭の未来
全5回からなる本講座の総まとめになります。
これからのエネルギー産業に興味のある方には特におすすめです。


※(興味のある回だけの参加も可能です。)

時間 14:00~15:30
場所 石炭産業科学館 オリエンテーション室※2月2日(土)に開催の第4回のみ、開催場所は「えるる 3階 音楽室」です。
料金 どなたでも参加無料。参加自由。事前申し込み等不要。
問合せ 石炭産業科学館 ℡0944-53-2377

Copyright(C) 2002-2019 OMUTA COAL INDUSTRY AND SCIENCE MUSEUM. All rights reserved.