石炭産業の歴史 声の博物館 近代化遺産 大牟田の見どころ
石炭館からのお知らせ イベントガイド ご利用案内 交通アクセス 館内案内 リンク集 ご意見・ご感想 アンケート 来館者のこえ よくあるご質問  
近代日本の発展をエネルギー面から
支えた石炭。
大牟田市は、かつてわが国最大の
炭鉱のまち。
ここから石炭の歴史に出会う旅が
はじまります。
大牟田市
石炭産業科学館
(略称:石炭館)
〒836-0037
福岡県大牟田市
岬町6-23
TEL 0944-53-2377
FAX 0944-53-2340
【☆New!】第21回 炭都写真コンテスト作品募集のお知らせ
第20回 石炭館館長賞 「仲よし」
撮影者:武藤 昭子

【大牟田・荒尾の炭都ならではの写真を募集します】

大牟田・荒尾は、かって炭鉱とその関連産業のまちとして栄え、今も他のまちにはない炭都ならではの独特の魅力をもっています。

石炭館では、そんな炭都の写真を募集します。

詳細は、下記をご参照ください。

【同時に思い出のスナップ写真も募集します】
個人で所有されている炭鉱や炭都大牟田・荒尾にまつわる古い写真、めずらしい写真も同時に募集します。
炭鉱のまちの歴史を証言する貴重な資料として、石炭産業科学館で展示します。
詳しくは(PCはこちら スマートフォンはこちら

募集期間 2020年11月23日(月・祝)まで
※持参の場合は午後5時までにご来館ください。郵送の場合は当日消印有効です。
※月曜休館(祝日の場合は翌平日)
テーマ 「炭都」大牟田・荒尾の風景
近代化産業遺産をはじめ、大牟田と荒尾の地域ならではの写真を募集します。
概ね5年以内に撮影されたもの。
応募規定 白黒またはカラープリント(インクジェットプリント可)。A4,B4、六ツ切、四ツ切、四ツ切ワイドのいずれか。
加工・合成していない単写真。
1人5点以内、未発表作品に限ります。
作品をプリントのうえ応募ください。
※ただし入賞は一人一作品までとします。
応募方法 作品裏面に応募票(形式自由)を貼って、下記提出先まで郵送またはご持参ください。
※応募票の記載事項:氏名・氏名ふりがな・住所・電話番号・作品タイトル・撮影場所・撮影日・撮影コメント
※応募作品は返却いたしません。
審査員 西山孝幸(アサヒカメラ、サロン・ド・ニッコール、日本カメラ年度賞作家)
大牟田市石炭産業科学館 館長
「グランプリ」1名、「準グランプリ」2名、「特選」3名、「石炭館館長賞」1名、「入選」数名
オリジナルカレンダー 入賞作品を用いた石炭館オリジナルカレンダーを制作し、石炭館の広報活動に活用します。
入賞された方は、入賞作品のデータ(CD-R、DVD-R等)提供にご協力ください。
その他 人物を特定できる被写体が含まれる場合は、承諾が得られたものをご応募ください。
石炭産業科学館は肖像権侵害などの責任は負いません。
入賞作品は、オリジナルカレンダー製作以外にも、石炭産業科学館主催事業での展示や、石炭産業科学館および本コンテストの広報活動にあたって無償で使用させていただくことがあります。
結果発表の方法 12月初旬に、応募者全員へ直接お知らせ(郵送)します。
全ての応募作品は石炭産業科学館にて開催する作品展で展示します。
表彰式 後日、入賞者の方にご連絡します。
提出先・問合せ 大牟田市石炭産業科学館
〒836-0037 福岡県 大牟田市 岬町6-23
TEL 0944-53-2377 FAX 0944-53-2340

Copyright(C) 2002-2020 OMUTA COAL INDUSTRY AND SCIENCE MUSEUM. All rights reserved.